保護者の受け止め方もいろいろ…

こんにちは。

キッズ作文教室【空色ことば】です嬉しい

 

子どもたちは柔軟な発想で文章を考えます。

そして、その文章は受けとる側によって

抱く感想もちがっていて当然だと思います。

 

読書感想文講座で、ある出来事があったので

ひとつ具体例を挙げてご紹介します。

 

動物の物語を読み、感想文を書いた子。

 

「出産する数の多さに驚いた、

○匹以上生まれたら1匹欲しいな。」

 

といった主旨の感想文を書き進めました。

 

いかがでしょうか?この子の抱いた気持ちを

どのように受け止めましたか?

 

========================

→こんなこと考えていたんだ楽しい

と、子どもの視点を新鮮に受け止める方

 

→なんでこんなこと書くの…怒り

と、ストレートな表現に戸惑う方

=======================

 

この2種類に分かれるかなぁと思います。

 

空色ことばの指導方針は、子ども自身が、

今の自分の視点で考えて答えを出すこと。

 

この子の場合、しっかり自分の視点で

答えを見つけ出せたので大絶賛しました。

本人も大満足ぴかぴか

 

が、

 

お母様は内容に納得いかなかったご様子で、

その反応にお子様はしょんぼり気味でした悲しい

 

 

幸いにも、多くの保護者の方からは

「子どもが満足していてよかった!」と

うれしいご報告を頂いております。

 

一方で、保護者の方が望んでいる答えと

乖離があり戸惑う気持ちもわかります。

ご家庭の教育方針もいろいろあると思います。

 

方法が身に付いて、さらに挑戦したい子には

次のステップとして表現を広げるプログラムを

ご用意しています。

 

ただベースは「自分で考える」こと。

こちらで文章に手を加えたりはしません。

 

子どもたちの素直な表現を受け止め

「表現を恐れないようになる」ことも

大切にして頂けるとうれしいなと思います。

__________________________________
ブログ「空色ことばカラフル通信」は
毎週月曜・木曜の週2回更新です植物
ホームページはこちら
http://www.sorairokotoba.com
空色ことば鉛筆2管理人
__________________________________

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です